読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プルシアンブルーのぼく

健全なオタク趣味を応援するブログです。 ハースストーンとか音楽の話題が多いかも。

オタク泣きの音楽鑑賞

 

 

ポップミュージック、要するにポップソング(アニソン含む)における主役というものはやっぱり「ボーカル」ですよね。バックで演奏されている楽器の音も大事なことはみんな知っているんだろうけど軽視されがちですよね。

 

 

バックでの楽器での演奏は文字通りBGM(バックグラウンドミュージック)みたいな扱いをされているのではないかと私には感じられていて、それはもったいないことなんだよ。と若いオタク(中高生を想定)に言いたいのです。

 

 

というわけで今回は「泣きの演奏」をご紹介します。

楽器(ギター)が本当に人間のボーカル以上に「泣く」ところを感じてほしいです。

 

続きを読む

神仏混淆七福神

 

 

クレイエイティヴィティを得たいよな~~

 

 

面白いことってやっぱ自分で作っていかなければ、自分が面白いことやっていかなければ手に入れられないんですよね。そしてぶっ壊したい。

 

 

自分の性分は刹那的、あるいは破滅的なものを好む傾向があって、何かそういうもので「思いつき」が欲しい。

 

 

そのうち動画編集ソフトを動かすなりなんなりなんかしてなんかつくるつもり。

 

 

 

 

 

 

好きなアルバムジャケット

 

 

洋楽プログレロックを彩るのは「音」だけじゃない!アルバムジャケットもなかなかこだわっていて粋なんですよね~

 

というわけで今日は好きなアルバムジャケットを紹介します。

 

以下、このような形式で書きます。

(バンド名) (アルバムタイトル) (邦題)

(アルバムジャケット画像)

(説明など)

 

 

 

 

 

Camel  Nude  ヌード ~Mr.Oの帰還 

f:id:masao408:20160808234735j:plain

叙情派プログレバンドの「キャメル」のアルバム。

適度に意味が分からないアルバムジャケットがクール。

第二次世界大戦が終わった後、戦地に取り残され29年間生き延びて日本に帰ってきた小野田寛朗という兵士がテーマのアルバム。

キャメルというバンドはプログレながら聞きやすいのでオススメ。

こういうのは日本人には印象に残るアルバムだろうなと思います。

 

続きを読む

シン ゴジラ 感想 ちょろっとネタバレ

 

ゴジラシリーズ全作見るくらいにはゴジラが好きなので、シン ゴジラ見てきました。感想を簡単に。

 

 

怪獣映画というより災害映画って言った方がしっくりくる映画です。

今までの恐いけどどこか愛嬌のあったゴジラはいなくなっています。

f:id:masao408:20160807105644j:plain (もう見た目からわかると思いますが)

続きを読む

オタクの恋  ――夏、切なくて――

 

 

たまたまギルティギアっていう格ゲーの必殺技集みたいなのをyoutubeで見かけて「あ、格ゲーの必殺技集みたいなの燃えるから好きだな~~」と再生してみたんですが、

 

恋に落ちました。

続きを読む

感じかたが(エッチな話じゃないです)

 

 

めちゃくちゃに変わってしまった。

 

 

例えばアニメとか実写映画を見たりしていると登場人物のセリフとか動きではなく音楽とか後ろの背景や小物にばかり気を取られてしまう。

 

 

通(つう)ぶってわざとそうしているわけじゃなくて本当に「気を取られてしまう」。

原因は全く持って不明です。

 

 

年取って集中力が落ちてきていたり、そもそもこういうものに興味がなくなっているのか。果たして謎は一向に深まるばかりである。

OTAKU Overture

f:id:masao408:20160727113604j:plain

僕が作った今のポケモンのレート環境を風刺する画像です。お気に入り登録よろしくお願いします・・・

 

続きを読む