プルシアンブルーのぼく

健全なオタク趣味を応援するブログです。 ハースストーンとか音楽の話題が多いかも。

明らかな差

※音楽の話です。

 

 

基本的にCDとライブで同じバンドが演奏してても差が出るものです。

 

言い方が悪いですがCDはレコーディングの時に何度もやり直して、一番良い演奏をいれればいいですからね。

 

だから、CDの演奏は良くてもライブでは……というバンドより、CDもライブでもしっかりした演奏が出来るバンドの方が評価が高くなるのは当然ですよね。

 

逆にCDの時の演奏よりもライブでの演奏の方が上手だ!というバンドが現れたらどうでしょう?そういうバンドってとても面白いと思います。

 

この記事は僕が知っているそういったバンドを一つ紹介する記事です。

 

今回紹介するのは

エマーソン・レイク&パーマーというバンドからHoedownという曲です。

ちょっと面白いので聞き比べてみてください!

 

youtu.be

こっちがCD版です。ギター不在でキーボードが主役という面白いロックバンドです。

このHoedownという曲なんですがCD版でも十分良い曲なんですがライブ演奏で化けます。

 

youtu.be

これがライブでのHoedownです。毎回ライブではテンポがCD版より早く演奏されていて、キーボードの恐ろしいテクニックを見せつけてきます。

好みはあると思いますが僕は断然ライブでの演奏のHoedownの方が好きですね。

 

 

普段聞いてる歌手やバンドのCDとライブでの差というものを、気にしている方は多くないのかな~と僕は思うのですが、どうでしょう?

 

意外と大きな差を持っていることが多いですよ!

 

 ライブ版のHoedownのCDはほとんど出回ってないらしいので、僕は高音質で聞けなくて泣いてます。