プルシアンブルーのぼく

健全なオタク趣味を応援するブログです。 ハースストーンとか音楽の話題が多いかも。

今期のオタクアニメ

僕は「犬とハサミは使いよう」「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」「のうりん」みたいな本当に臭い滑りまくりアニメが好きで毎回探しています。

 

今期もそういったひっどいアニメを求めていたのですが、今期アニメ一覧をぼーっと見ていたら、タイトルからもうそれっぽいのを発見しました。

 

それがこちら、「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」です。

f:id:masao408:20160517092351j:plain

 

TVアニメ「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」公式サイト http://netogenoyome.com/

 

あらすじ(ウィキペディアから拝借)

県立前ヶ崎高校に通うネトゲ好きな男子高校生の西村英騎は、MMORPGの「レジェンダリー・エイジ」内で女性キャラへと告白したものの、相手から「ネカマ」だと教えられ、激しいショックを受ける。そのトラウマから「リアルとゲームは別物」だと区別しながらも、現在は自分が所属するギルド「アレイキャッツ」の面々とゲームを楽しんでいた。

そんなある日、仲間の一人である「アコ」から告白をされ、成り行きで彼女とゲームの中で結婚することになる。さらに英騎は、ギルドマスターから初の「オフ会」の開催を告げられる。そしてオフ会で他のギルドメンバーが同じ高校の女生徒であり、アコは引きこもり気味の玉置亜子、シュヴァインはクラスメイトの瀬川茜アプリコットは生徒会長の御聖院杏だと知ることになる。

だが、亜子は現実とゲームの区別が付かない残念な娘であった。メンバー内の相談の末、杏は生徒会長の権限を乱用して「現代通信電子遊戯部(ネトゲ部)」を新たに設立し、亜子の更生という目的のため、放課後に部室でネトゲを出来るようにする。その後、決まっていなかった顧問も英騎のクラスの斉藤結衣先生を迎えることで解決し、ネトゲ部の活動が本格的にスタートするのだった。

 

 

俺の求めていた臭いアニメだ!!!!!

とばかりに視聴を決定した僕は早々にこのアニメを見誤っていたことに気づきました。 臭いことは臭いんですけど、このアニメは冒頭にあげたアニメとは違い「ストーリーがまだわからなくもない」という圧倒的な差があり「普通に見れる」アニメであったため、僕に深い落胆を与えました。

要するに、臭さはあるんですけど結構面白いんですよねこのアニメ。主人公に不快な要素が一切ないし(今のところ)、ラノベ原作ラブコメにしてはめずらしく恋愛をちゃんと描こうっていう意識がありそうなのもなかなか良いですね。

 

他の人にも見てもらいたいので内容についてはあまり触れません。ぜひ見てほしい。