プルシアンブルーのぼく

健全なオタク趣味を応援するブログです。 ハースストーンとか音楽の話題が多いかも。

オタク涙のアニメ鑑賞

 

 

僕はオタクなのでアニメ鑑賞が好きなのですが、今期はどれを見れば良いのか困っていました。特に興味のあるタイトルが無いからです。

 

別にアニメなんて見なくても死にはしないんだからどうでも良いじゃないかと思われる方がいらっしゃると思いますが、なにせ僕はオタク。定期的にオタクアクティビティを起こさないと心が凍えていきます。

 

 

こういう(見るアニメに困った)とき僕は「今」から目を離してみるのも一つ方法だと考えています。「今」見るものがないのであれば「過去」のものを見れば良いのです。

 

 

 

 

といった経緯で名作と言われているこのアニメ映画を借りてきました。

 

 

 

 

 

f:id:masao408:20160729001706j:plain

 

今敏(こんさとし)監督のPERFECT BLUEです。これはブラックスワンという洋画の元になったと言われているアニメです。

 

 

あらすじ(Wikipediaから拝借)

アイドルグループの「チャム」に所属する霧越未麻(きりごえ みま)は突如グループ脱退を宣言し、女優への転身を計る。

未麻は事務所の方針に流されつつも、かつてのアイドルからの脱却を目指すと自分を納得させる。初出演のドラマはセリフが一言だけの端役から始まり、続いてレイプシーンを演じることとなる。さらにはヘアヌード写真集のオファーが来るなど、アイドル時代からは考えられなかったような仕事をこなしてゆく未麻。「チャム」以来のファンたちは未麻の厳しい現状を嘆くが、彼女の女優生活は次第に軌道に乗り始める。

しかし、人気とは裏腹に未麻は現状への不満を募らせ、アイドル時代の自分の幻影さえ見るようになる。レイプシーンやヘアヌードは本当の自分の姿なのか。自分が望んだことなのか。そんな疑問を抱く中、インターネット上に未麻になりすました何者かがウェブサイトを開設。しかしその内容は虚実を織り交ぜつつも、まるで未麻本人が書いたかのように詳細を極めていた。未麻はストーカーに監視されていたのだった。「アイドルとしての未麻」が更新を続けるウェブサイトを見て、精神的に追い詰められる未麻。また、未麻の事務所に手紙爆弾が送りつけられたり、関係者が次々と殺される事件が発生する。

 

 

 

 エロいやつでよくある設定やんけ!(*^◯^*)こんなん慣れっこやわ(*^◯^*)(*^◯^*)

 

とナゾの親近感を持ちながら視聴しました。

 

 

で、感想を書きたいのですが、僕の文章力ではとてもではないですがこの作品の感想は書けません。もうこれはただの

 

圧倒的に面白いアニメです。

 

 

ヘアヌードのシーンが実際にあると知っていたのでそこらへんであわよくば・・・という期待をしていたのですが、そんな気色の悪い期待を圧倒的なチカラでねじ伏せてくれた素晴らしいアニメです。ぜひ見てみて下さい!!(ロクに感想も書いてないのに見る人はいるのか?w)

 

 

若干ネタバレになりそうなので書きたくはないんですけど、すごく印象に残ったシーンがあるのでそこだけ感想を漏らします。

 

終盤、追い詰められていった主人公が奇行に走りはじめ、その奇行の度に主人公は夢から醒める。本当のことか夢の中での出来事なのか境界がわからなくなっていく。このあたりの演出が本当にすごくて、アニメの主人公だけではなく見ている自分もどれが夢でどれが現実なのかわからなくさせられてしまいました。

 

このシーンを見ている間は続きを見るのすら怖かったのですが、こんな気持ちになるアニメは後にもこの先にもこの作品だけだと思います。

 

そしてラストのシーンも本当のことかどうかわからないんですよねコレ。素直に受け取って良いのか・・・

 

 

そんな感じ。

久しぶりに良いアニメが見れて本当に満足しているのでなんかコレを書いているのも馬鹿らしくなってきたので終わります。