プルシアンブルーのぼく

健全なオタク趣味を応援するブログです。 ハースストーンとか音楽の話題が多いかも。

好きなアルバムジャケット

 

 

洋楽プログレロックを彩るのは「音」だけじゃない!アルバムジャケットもなかなかこだわっていて粋なんですよね~

 

というわけで今日は好きなアルバムジャケットを紹介します。

 

以下、このような形式で書きます。

(バンド名) (アルバムタイトル) (邦題)

(アルバムジャケット画像)

(説明など)

 

 

 

 

 

Camel  Nude  ヌード ~Mr.Oの帰還 

f:id:masao408:20160808234735j:plain

叙情派プログレバンドの「キャメル」のアルバム。

適度に意味が分からないアルバムジャケットがクール。

第二次世界大戦が終わった後、戦地に取り残され29年間生き延びて日本に帰ってきた小野田寛朗という兵士がテーマのアルバム。

キャメルというバンドはプログレながら聞きやすいのでオススメ。

こういうのは日本人には印象に残るアルバムだろうなと思います。

 

 

 

 Caravan In The Land Of Grey And Pink グレイとピンクの地

f:id:masao408:20160806222813j:plain

カンタベリープログレバンド「キャラヴァン」のアルバム。

キュートなアルバムジャケットがステキ。

アルバムに入ってる曲もなかなかポップ寄りでキュート。

 

 

 

Caravan  For Girls Who Grow Plump In The Night  夜ごと太る女のために

f:id:masao408:20160806223218j:plain

さっきと同じ「キャラヴァン」のアルバム。

確かにタイトル通り夜ごと太ってそうな感じがしてキュート。

アルバムの内容は、お手軽だけど何回でも聞いて味を噛みしめたくなるようなジャズロックとでも言えばいいのでしょうか・・・?

ちなみにジョジョ4部の「狩り(ハンティング)に行こう!」の元ネタである曲が収録されています。

youtu.be

これです。僕は大好きです。

 

 

 

 

Darryl Way’s Wolf  Canis Lupus  カニス・ループス 

f:id:masao408:20160806224903j:plain

「ダリル・ウェイズウルフ」というバンドのデビュー作です。

ワンちゃんが究極にかわいい珠玉のアルバムジャケット。

名前の通りダリル・ウェイという人がリーダーなのですが、この人はイギリスの王立音楽大学でクラシックのヴァイオリンの勉強をしたという経歴を持っています。なんかすごい!

内容はヴァイオリン入りジャズロックプログレって感じですかね・・・?基本的に僕は上手く説明できません!!

聞きどころはアルバムの最後をかざる「McDonald's Lament」です。

ヴァイオリンではなくヴィオラを用い、リスナーを泣かせにかかってくるバラードインストゥルメンタルです。これが王立音楽大学のチカラかぁ・・・と妙に納得してしまう説得力がこの曲にはあります。

youtu.be

 

 

 

Emerson,Lake&Palmer  Tarkus  タルカス

f:id:masao408:20160806232017j:plain

「エマーソンレイクアンドパーマー」の代表作の一つです。

なんかよくわからないけどキュートなジャケット。

表題作の「Tarkus」はナゾの怪物「タルカス」が突然現れ地上を破壊しつくして海に帰っていくというモノ。悲しい話ですね。

天才キーボード奏者「キース・エマーソン」の熱量のある演奏がステキなアルバムです。

 

 

Frank Zappa  Sheik Yerbouti  シーク・ヤブーティ

f:id:masao408:20160806232939j:plain

フランク・ザッパ」のアルバムです。

いや、アラブ人の格好似合いすぎでしょ・・・ステキ・・・

内容はもうフランク・ザッパの世界!!下品な歌詞もあるよ!!って感じですね。がんばってついて行きましょう。

 

 

 

Genesis  The Lamb Lies Down On Broadway  眩惑のブロードウェイ 

f:id:masao408:20160809001616j:plain

イギリスの匂いがプンプンする系プログレバンド「ジェネシス」のアルバムです。

ヒプノシス」という前衛芸術集団と一緒にアルバムジャケットを作成しています。ステキ!

ボーカルでリーダー格の「ピーター・ガブリエル」がこのアルバムを最後に脱退してしまいます。これが最後だと思ったピーター君は暴走して自分のアイデアをすべて突っ込み超難解なアルバムを作り上げてしまうのでした・・・

そんなんなんでプログレ初心者はまず聞けないアルバムに仕上がっています。

 まぁそれにしても「眩惑のブロードウェイ」という邦題がカッコイイっすよね~~~~

 

 

 

 Jethro Tull  Thick As A Brick  ジェラルドの汚れなき世界

f:id:masao408:20160809105305j:plain

イギリスの匂いがプンプンする系バンド「ジェスロタル」のアルバムです。

とある詩作コンクールで優勝した8歳の天才少年ジェラルド君の詩を元にアルバムを制作した。ということを新聞風ジャケットで表現しています。実はこの話はこのバンドのリーダー「イアン・アンダーソン」の嘘で詩もこの人が作ったものなんですが。

アルバムの内容はイギリス人の感覚でしかわからないようなブラックユーモアと社会批判的なものが展開されます。そしてアルバム全編で一曲という超大作主義の作品です。

ここまでの話だと聞きにくいアルバムに思えますが、全然そんなことはなくてプログレ初心者でもさらりと聞けます。聞け。

 

 

 

King Crimson  Red  レッド

f:id:masao408:20160809111152j:plain

「キングクリムゾン」の傑作の一つと名高いアルバムです。

クールなアルバムジャケットがステキ!右端の眼鏡かけてる人がリーダーの「ロバート・フリップ」です。覚えておきましょう。

アルバムの内容はプログレッシブメタルロックとでも言えばいいのでしょうか・・・?

オススメだぞ♡(ネタギレ)

 

 

 

 

Pink Floyd  Atom Heart Mother  原子心母

f:id:masao408:20160809113510j:plain

ピンクフロイド」のアルバム。

牛が可愛いジャケット。「ヒプノシス」という前衛美術集団が作成、

アルバムの内容はサイケ+オーケストラシンフォニックロックの先駆けといえる作品です。ステキ!

直訳すぎる邦題も意味不明感がすごく出てて面白いですよね。

 

 

 

 

Pink Floyd  The Dark Side Of The Moon  狂気

f:id:masao408:20160809114521j:plain

ピンクフロイド」の最高傑作。

このジャケットもまた「ヒプノシス」が作成。

全てにおいて完璧。はぁ、好き・・・・・・

 

 

 

 

Return To Forever  Hymn Of The Seventh Galaxy  第七銀河の賛歌

f:id:masao408:20160809115358j:plain

フュージョンバンド「リターントゥフォーエバー」のアルバムです。

このあまりにもダサいジャケットが好き・・・・・・

ジャケットはダサいですがアルバムの曲は最高に面白いですよ!激熱ジャズロックって感じです!

 

 

 

Yes  Relayer  リレイヤー

f:id:masao408:20160809121043j:plain

本格派プログレバンドの「イエス」のアルバムです。

このオシャンティーなアルバムジャケットが大好き。

このアルバムで新加入した「パトリック・モラーツ」というキーボード奏者のパワーが凄まじく、ヒョエエエってなります。悲しいことにこのアルバムを最後に色々あってモラーツ君は脱退してしまうのですが。

 

 

 

 

 

一旦これくらいで終わります。色々書きたい事とか(リック・ウェイクマンのこととか)あるんですけどあんまり文字が多いのも良くないと思うのでこのぐらいにしておきます。